私が10代の時は、そこまで恋愛に関して意識がなくて自然にできればいいかなという感覚だったのを覚えています。

 

 

学生という事もあり、学業に集中して無事に自分が満足できる企業に就職出来ることだけを考えていましたね。ただ、学校を卒業して社会人になると少しずつ恋愛に対して興味を持つようになり、25歳になった時に恋人がほしいと強く思いました。

 

 

 

ただ、職場恋愛は出来るだけさけたい気持ちが強く、もし他の同僚に付き合っているのがばれるとその話題の会話ばかりになってしまい恥ずかしいですし、別れた場合かなり仕事がやりにくいです。そこで、思いついたのがマッチングアプリを利用する方法です。

 

マッチングアプリは、スマホのアプリから簡単に異性を見つける事ができてさらに同僚とか身近な人にもばれずに恋人探しができるのでこの時の自分に合っていると思いました。無料のマッチングアプリを初め利用しようと思いましたが無料だとセキュリティの面を含めた安全性に不安を感じて、結局男性が有料のイククルを利用する事にしたのです。

 

 

 

イククルは、女性が無料で男性が有料のマッチングアプリで、男性が有料なので本気で恋人探しをしている男性が多いです。それもあって、女性からの評判も高いのでイククルを利用しようと思いましたね。私は、男性で有料ですがやはり安心して会いたいという気持ちが強いので、有料でもしょうがないと思いました。

 

イククルは、プロフィールが充実しておりさらに女性会員も多くこれなら好みの女性を探せると思いました。また、自分のプロフィールを細かく書けば興味を持ってくれる女性も現れると思うので良い出会いがある事を期待しましたね。女性のプロフィールを見ると、何人か気になる女性がいたので気になる人全員にメッセージ機能を使ってアタックしたのです。返事が返ってくるのか不安でしたが幸い一人から返事が返ってきました。5人にメールを送ったので、誰からも返事が返ってこなければさすがに精神的にきつくなりそうでしたが無事に返事が返ってきて嬉しかったです。

 

 

相手の女性は、名前が岬で22歳の大学生です。この時私は、25歳だったので3歳年下で丁度いい年齢ですね。できれば年下と出会いたい気持ちが強い事もあり、それにも条件が合っています。さらに大学生なのでデートできる時間も多いし私にとってはベストな女性です。プロフィールに写真が掲載されていましたが可愛い系で、笑顔も素敵な女性です。

 

 

 

私は、笑顔が素敵で綺麗よりも可愛い系が好きなので写真に関しても気に入ってしまい頑張って仲良くなろうと思いました。最初は、なるべく相手の趣味の話題で盛り上がろうと思い、岬ちゃんの趣味話を中心に話ました。趣味が料理だったので、どのような料理を作っているのかや美味しい料理の話などをすると少しずつ話が盛り上がって良かったです。

 

 

 

それから私の好きなサッカーの話をしたり、学生生活についても会話して一週間ぐらいで仲良くなったのでかなり順調です。しかし、このままイククルのサイト内でメッセージ機能を使うとかなりお金が必要になると思い岬ちゃんに「LINEのID」を聞くとすぐに教えてくれました。これで無料でメッセージ交換できるようになって良かったです。それから毎日のようにLINEで会話していき一ヶ月ぐらい経過したので、いよいよデートをしようと思いました。

 

 

 

ここまで仲良くなればきっとデートしてくれると思い、岬ちゃんに「今度の日曜日良かったらカフェで食事しない?」と言うと「いいよ」と返事してくれてちょっとほっとしました。

 

そして、日曜日のデート当日に待ち合わせのカフェの駐車場で待っていると岬ちゃんが来て初対面です。顔がちょっとプロフィールの写真と違った印象でしたがそれでも可愛い系で、とても清楚な感じだったのでとりあえず良かったですね。まったくの別人が現れるケースもあると友達から聞いていた事もあり、少し不安になっていましたがそんな不安も実際に会ったら吹き飛びました。それから、予定通りにカフェで食事をしてさらにボーリング場に行き楽しく遊べたのでとりあえず良かったです。しかも、岬ちゃんがデート終盤に僕の手を握ってくれました。

 

 

 

さすがに緊張して動揺しましたが岬ちゃんが「今日は楽しかったね。ありがとう」と言ってくれて、マッチングアプリを利用して良かったと思える瞬間でしたね。

 

 

初めてのデートが終わって、これから岬ちゃんとどういう関係になろうか迷っているとなんと岬ちゃんの方から次のデートの約束をしてきました。さすがに予想外の展開だったし、こうも上手くいっていいのかなという感じですね。

 

 

 

でも、これは恋人を作る大きなチャンスだと思ったし女性の方からアプローチするなんてめったにないので、2回目のデートもしました。2回目のデートでは遊園地に行って、さらに岬ちゃんと仲良くなりました。

 

手をつなぐ時間も長くなり、まるで付き合っているかのような状態になりましたね。

 

それからも、岬ちゃんと僕は良い関係になり5回目のデートでキスをする事ができたし順調そのものです。これは、もう告白してもいいんじゃないのかなと思いました。

 

 

そこで、5回目のデートをして帰る時に岬ちゃんに「もう僕たちかなり良い関係だし付き合わない?」と言うと岬ちゃんが「もちろんよ。その言葉待ってたよ」と言ってくれたのでこの瞬間マッチングアプリを利用して本当に良かったと思いました。

 

 

なかなか、出会いがなかった私でもこのように出会えるマッチングアプリは、出会いがない男女におすすめです。